投資顧問を利用するにあたって

投資顧問の利用の前に知っておきたいこと

投資顧問無料銘柄ランキングへお越しいただきましてありがとうございます。

ご覧頂いている皆様の中には、既に投資顧問を活用している方もいらっしゃるかとは思いますが、そもそも投資顧問ってなに?という初心者の方のために、こちらのページでは、投資顧問を利用する上で、抑えておきたいポイントをご紹介していければと思います。

投資顧問ってなに?

まずはじめに知っておくべきこととしては、投資顧問とはなんぞや?というとこなんですが、投資顧問業協会では次のように紹介されています。

投資運用業、投資助言・代理業とは

投資運用業には、次の2つの種類があります。
①投資一任業務 :
投資一任契約に基づき、投資者から投資判断や投資に必要な権限を委任され投資を行います。
②ファンド運用業務 :
ベンチャー企業の育成や事業会社の再生等を目的として組成されたファンドの財産を主として有価証券等への投資として運用を行います。なお、不動産私募ファンドの場合は、①の投資一任契約に基づいて運用を行うのが一般的です。
投資助言・代理業には、次の2つの種類があります。
①投資助言業務 :
お客様との間で締結した投資顧問(助言)契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断について、お客様に助言を行います。投資判断はお客様自身が行います。
②代理・媒介業務 :
お客様と投資運用業者との投資一任契約または投資助言業者との投資顧問(助言)契約の締結の代理・媒介を行います。

このように厳密に言いますと、ちょっとややこしいのですが、みなさんが抑えておくべきポイントは1つで、投資顧問と紹介されている会社の多くは、投資家の皆さんへ市況の状況や銘柄の情報を提供してくれる会社のことです。上の抜粋で言うと投資助言業務のことですね。

イイ投資顧問とダメな投資顧問

まだまだ認知度の低い投資顧問(管理人はそう思っています)ですが、素晴らしい投資顧問に出会えた時には本当に良い刺激となります。大きな利益はもちろんのこと、相場の捉え方数々の銘柄の着眼点など、投資家にとって非常に参考になることばかりです。

ただ問題は、世に出回る投資顧問が必ずしも良い投資顧問だけではないということです。

会員を集め、その集めた会員を使って提灯を付け自分たちだけ高値で銘柄を売り抜けるような投資顧問もいれば、ちんぷんかんぷんな銘柄分析をされたり、「今回はトップシークレットの極秘情報です。貴方だけに特別にお教えします。」と言って、高値づかみさせられたりとトンデモナイ投資顧問も数多くいます。中には悪評が付くとサイトを変えて新たに会員を募ることをやるような悪どいところもあります。(投資顧問は本来自分たちでトレードをしてはいけないため、提灯を付けて売り抜けるようなことをやっているところは、かなりブラックです。)

そんなダメな投資顧問に捕まってしまったら資金がいくらあっても足りません。資産を増やそうと申し込んだはずなのに、いつの間にか枯渇してしまいます。

悪質な投資顧問の見分け方

では、そんなダメな投資顧問を利用しないためにはどうすれば良いのか?ということなんですが、残念ながら一見しただけでは判断が出来ないというのが現状です。

非常に綺麗なサイトで会社概要もきちんとしていて、社会貢献活動もしています。と記載されていたにも関わらず、全く役に立たない投資顧問もあれば、サイトの作りが簡素でちょっと頼りなさそうなのに、分析内容がしっかりしている投資顧問もありましたし、サイトも簡素だし、提供される情報自体も深みがないものばかりの投資顧問もありました。

つまり、何が言いたいかというと、投資顧問から提供される情報の質は登録して利用してみないとほぼほぼ判断がつかないということです。個人的にも何度か失敗しているので、これは間違いないと思います(笑)

それじゃ、怖くて利用できないじゃないですかやだー。と思われた方、ご安心ください。ちゃんと対策がありますので、安易に投資顧問へ申し込む前に、ぜひ次のポイントをチェックするようにしてみてください。このポイントを抑えるだけでもダメな投資顧問に引っかかる可能性をグッと減らすことが出来ると思います。

悪質な投資顧問を見分ける5つのチェックポイント
  1. 無料情報の提供がある
  2. 無料の銘柄診断を利用する
  3. 投資顧問の口コミやランキングをチェックする
  4. 電話で直接やり取りをしてみる
  5. 投資顧問の免許があるかどうかを確認する

それぞれ説明をしていくと

① 多くの投資顧問では、無料情報として、市況レポートや銘柄情報を定期的に提供してくれます。ですので、その投資顧問がちゃんとしているかどうかを確認する上で最も役立つことは、無料で提供される銘柄のパフォーマンスをチェックすることです。たとえ無料とはいえ、その投資顧問が「これいいよ!」と言って教えてくれる銘柄なので、その銘柄がダメダメだったらダメだし、良ければ有料サービスを申し込むことでもっとリターンが期待できる!ということですね。それだと既に投資顧問利用してるじゃん!と思われるかもしれませんが、私はお金さえ払わなければ問題ない!というスタンスですwなので、気になる投資顧問が有りましたら、まずは無料のサービスを利用してみるのが一番です。

② ①と同じで、まずは無料のサービスでその投資顧問の良し悪しを判断するのがベターです。いま迷っている銘柄(購入しようかな?、だったり、損切りした方が良い?だったり、)があったら、遠慮なく聞いてみると良いです。銘柄相談をしてもそこで料金が発生することはないですし、返答内容でその投資顧問の力量が見れますので、このチェック方法も有効です。

③ そもそも、気になる投資顧問がないんですけど?という方には、まず投資顧問の口コミサイトやランキングサイトで紹介されている投資顧問をチェックしてみると良いと思います。当サイトと同じように投資顧問会社を格付けしているサイトは多いので、情報に困ることはないと思います。ただ、恣意的にランキングされている場合がありますので、そこは色んなランキングサイトを見てよく確認するのが良いと思います。

④ よくわからない時は直接聞いてしまうのも手っ取り早いです。ただ、それなりに投資に対する知識が求められるのと、押しに弱い方だとそのまま契約してしまったりと、少し人を選ぶのが難点な方法です。

⑤ 投資顧問会社は基本的に金融商品取引業者の許可を金融庁から貰います。そのため、大抵の投資顧問会社には関東財務局長(金商)◯◯◯号のような形で許可番号があります(通称、金商)。ですので、この金商があるかないかをチェックすると許可を得た投資顧問会社かどうかが分かります。ただ、あくまでも許可番号なので、残念ながら金商があってもパフォーマンスが良いとは限りません。金商あるなら大丈夫かな?と思って利用して大失敗をしたことがあるので、間違いないです(笑)

金商があるのとないのとだと何が違うのか?というと、金融庁が定めたガイドラインに沿ってきちっとやってるかどうかの違いになります。情報提供時の表現や各々の会員に対しての接し方に制限を設けられる一方で提供した銘柄の損失について基本的には責任を追わなくて良くなるなどの企業側のメリットがあるのです。

じゃあ、金商なしの方が、リスクを負ってるからちゃんとした銘柄を提供してくれるのかと言ったらそうでもありません。結局は免許があってもなくてもちゃんとしたところはちゃんとしてるし、ダメなところは免許があってもダメと言う感じです。なので、こちらのチェックポイントはあくまでちゃんと許可を得た投資顧問会社。という目安程度に捉えていただくと良いと思います。(金商を持っている投資顧問の方がしっかりしているところが多いのは事実なので!

少し長くなってしまいましたが、これらのチェックポイントを確認することで、ダメな投資顧問を避ける事ができますので、投資顧問を利用する際は、ぜひ、お試しください!

サブコンテンツ

このページの先頭へ